「空海と密教美術」展

「空海と密教美術」展に行ってきました。

会期は2011年7月20日(水) ~ 2011年9月25日(日)です。
上野公園でやっている展示会のチケットは上野駅近辺の金券ショップで売っていることが多くて、時間に余裕があれば金券ショップでチケットを買った方が安くあがります。
金券ショップを眺めたところ、一般の入場券が1500円のところ、1480円というお値段でした…
人気のある展覧会なのでしょう…

ごくごく最近かわからないのですが、どんな展示会もそうですが、その展覧会のブログ…「空海と密教美術」展の場合は、1089ブログを読んでから行くと、とてもいいと思います。もちろん後から読んでもいいです。

水曜日の14時30分頃入館しました。
平日にも関わらず入るまで時間がかかりました…
中もとても混んでいまして、展示会は休日には行けないなあ…と思います。

展示会のメインは一番最後の展示の立体曼荼羅です。
京都の東寺で、多分…春と秋に公開しているので、本物の…というか全員揃った立体曼荼羅はと東寺でも見られます。
でも、東寺では仏像の後ろは見られないので、そこはいいなあと思います。

空海とか曼荼羅については、もし可能であれば、高野山に行ってみるのがベストだと思います。高野山、楽しいです、 「空海と密教美術」展は、密教とか曼荼羅に興味がないと厳しい気がしますが、高野山はたとえば

しろあり供養塔
しろあり供養塔

な感じのものがあったりしたり、音声ガイドを借りると、要所要所で説明が聞けたりして、そんなに密教とか仏像に興味がなくても楽しいと思います。
私は、そんなに仏像に興味がなくて、未だに大日如来と薬師如来の区別がつけられないのですが、高野山は楽しかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です