清水寺成就院庭園

日本にはたくさんお庭がありますが、清水寺成就院庭園は私が最も好きな庭です。
写真を撮っちゃいけない庭なのが残念なのですが…

成就院の庭の説明はこちらです。
庭の趣向?のテクニックの一つに借景という技法があります。
庭の向こうにある山とか林をあたかも庭の一部分に見えるようにして、庭を広く見せる技術なのですが、 成就院の庭ほど借景だなーというのが分かりやすい庭はないんじゃなかろうかと思います。
いつ見ても「あー、借景だー」と思います。

昼と夜で拝観の仕方が違っていて、昼は人が少ないので適当にいつまでも見られます。個人的には昼間の方がオススメです。

夜は人が多いので、順番に並んで50人ほどの単位で説明を聞いて、入れ替わるという感じです。でもこの庭は月の庭で本来は夜楽しむものであることと、借景をすごくよく体感できるのは夜なので、最初は夜に見るのをオススメします。

説明も面白かったのですが、最近は18禁コードに触れることはいっちゃいけなくなったのでしょうか…烏帽子石は陰茎で~とか説明してくれなくなりました。子供を授かれるようなめでたいものを配置した庭なので、その説明が無いと何かこう…ちょっと足りないなーと思うのです。

成就院の位置はこちらです。
清水寺を拝観しようとするルートの脇道にそれると成就院があります。

いつも開いているわけではなく、 桜の時期と紅葉の時期にだけあいています。
スケジュールはこちらに記載されます。

ちなみに、成就院の前の池の夜の紅葉は素晴らしいです。


私の中で 池に映る紅葉ベスト3に入る…と思います。
ちなみにベスト1は高台寺です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です