ねこめ(~わく) 1を読みました

いつも通りな竹本泉のお話ですので、竹本泉が好きでしたら買っていいかなと思います。
値段名な割りに内容が薄くてちょっと高いのが難点と言えば難点だと思いますが…

竹本泉の漫画はどの話もシチュエーションが違いますがやっていることはだいたい一緒で安心して楽しめます。どの漫画でもいいので一冊買うか、漫画喫茶に…あるのかな…あれば漫画喫茶で読んでみたり、周りの方がもっていれば借りてみたりして、「ああ、ほのぼのしてていいな」と思ったら、他の話も楽しめるかと思います。

竹本泉の漫画では、確か…ねこめ~わくが好評だった気がしますので、はじめて読む竹本泉の漫画としてはいいのかなあと思います。猫好きだったらなおさらいいかなと。

竹本泉の漫画はだいたい一冊完結ものが多かった気がしますが、ねこめ~わくだけは続き物で、登場人物の背景を知らないと続編を読んでもいまいちな気がしますので、読むなら1巻目から読むことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です