シンドラーのリスト

シンドラーのリスト

シンドラーのリストを見ました。

wikipedia:シンドラーのリスト
amazon:シンドラーのリスト

名作です…
この映画を見ようと思っていて、まだ見ていないという方は、時間を作って見るべきかと思います。
ただ…私が映画を見慣れていないからな気がしますが長いです。
本編が約3時間、映像特典(生存者たちの声等)が約1時間半です。
内容が内容だけにどっと疲れます。

子供の頃、SLGが大好きで、ファミコンウォーズやら大戦略やらFEやらいろいろやりました。
そのSLGの中に、メガドライブのアドバンスド大戦略というゲームがありました。
メガドライバーからとても好評でして、メガドライバーだったら多分ほとんどの方が知っているのではないかと思うBEEPメガドライブでも高得点だったと記憶しています。

アドバンスド大戦略は本当によくできていて、SLGはクリアできることを前提に作られていますが、アドバンスド大戦略はクリアできることを前提に作られていなくて、史実を忠実に再現しています。
天候をONにしてロシアまで進むと、豪雪にはばまれて進軍できなかったり、イギリスのレーダーにはばまれて海を渡れなかったり、もう本当に史実を再現してたりするのです。
(ちなみに天候をOFFにしてもつらいです…)

アドバンスド大戦略のおかげで第二次世界大戦のことを学習していったのか、他にきっかけがあって第二次世界大戦に興味をもって学習してアドバンスド大戦略を買ってはまったのか、記憶が微妙なのですが、アドバンスド大戦略のおかげで第二次世界大戦とその背景について学習していったのは確かだと思っています。

※アドバンスド大戦略のOPは衝撃的で「この悲劇が繰り返されないことを願って」ではじまります。
そしてヒトラーの演説風景…、子供ながらにかなり衝撃を受けた記憶があります。

※私の周辺のみんなは無駄だか無駄じゃない知識を漫画とゲームから吸収していったように思います。
多分、漫画もゲームもなかったら…今頃「ホロコーストって何?」な状態だったと思います。

※ゲームつながりで鋼鉄の騎士3もよくできたゲームでした。T-34戦車堅い…
アドバンスト大戦に衝撃を受け、第二次世界大戦とその背景に詳しくなりつつ、次に衝撃を受けたのはNHKの映像の世紀でした。

wikipedia:映像の世紀

何回か再放送をして、再放送をするたびに見ていた記憶があります。
今再放送をやったら間違いなく見ると思います。
もし、見たことがない方がいらっしゃいましたら…NHKオンデマンドで見られますので、ぜひ見て欲しいです。

中学生で歴史を学んだ際は、多分時間切れで現代史までたどりついていないか、たどりついてもそんなに詳しくやっていないかなあと思っています。
高校生では、大学受験に日本史を選択すると…世界史としての現代史は知らないかもしれない…世界史を選択しても現代史…特に第二次世界大戦以降に何があって、今の世界があるのかは案外知らないのかなあと思っています。

映像の世紀は、現代史をとても面白く、学習することができます。
※音楽もいいんですよ…「パリは燃えているか」が流れると、映像の世紀の風景が…

※映像の世紀で検索したら高校の授業で見ている学校がありました。いいことです…

この映像の世紀の第5集「世界は地獄を見た」の中に、ナチスドイツによりホロコースト(大量殺戮)がでてきます。

wikipedia:ホロコースト

wikipediaより引用するとホロコーストとは第二次世界大戦中のドイツがユダヤ人などに対して組織的かつ意図的に行った大量殺戮のことです。

※多くの方はホロコーストのことは知らなくても、多分「アウシュビッツ」といえば知っている…と思ったら、案外知りませんでした。
「アンネの日記」というとだいたいの方は知っていました。
そんなもんかな…と…

この大量殺戮の様子が、映像の世紀にも出てきますが、シンドラーのリストはそれがメインで出てきます。
自分は、ホロコーストに関する書籍は何冊か読み、wikipedia:アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所にも行って、それなりに頭で知っていたつもりですが、画像で見せられると衝撃が強かったです。

まとめ

  • メガドライブのアドバンスト大戦略はすごかった
  • 映像の世紀は見るべき
  • ホロコーストを知るにはシンドラーのリストはとてもいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です