上野動物園(2012年7月21日)

上野動物園の西園…上野駅の方から上野動物園に入ると一番遠いところに、は虫類館があります。
は虫類は嫌いな方が多いと思うのと、上野駅から遠いのでそんなに人がいない気もするのですが、餌の時間に行くと、いつもは動きがのろい亀が、もりもりと餌を食べている様子が見られて、案外楽しいです。 亀がむしゃむしゃ餌を食べる

上野動物園には、人気があるハシビロコウがいます。
人気の理由は、かっここいいのと、動かないから、だと思いまして、ハシビロコウだけで写真集があるくらいな人気です。

動かないことで評判なハシビロコウですが、30分くらい見てると、案外動きます。
動物ガイドの方がおっしゃっていましたが、動物園にくると、みなさん、一つの動物を1,2分くらいしか見ないんですけど、好きな動物は、ずっと見てると、いろいろな動きをするので、一つの動物を長く見て欲しいなと思います、とのことですので、時間があれば…まあ…、せっかく動物園にきたので、いろんな動物を見たいと思うんですが、好きな動物はじっと見ているのもいいかなあと思います。

 

ハシビロコウ

この日はフラミンゴの子供がいました。
フラミンゴの子供って白いんだ…と。

画像がぶれてるので恐縮ですが、 フラミンゴは盛った土の上に卵を産んで、その上で子供を育てるそうです。
フラミンゴは水辺で生活する鳥なので、水が増えても大丈夫なように土を盛ってその上で卵を産んだり子供を育てるそうです。

この時期は、上野公園の池…はハスが満開です。
ハスで池が見えないくらいで、これが枯れるとそんなに綺麗じゃないどころか汚い感感じなのですが、この時期の上野公園のハスはすごいと思います。
ちなみにハスの葉ってすごい水をはじきます。
なんでそんなはじけるのか?というと、ハスの葉の表面には、すごく細かい毛がいっぱいあって、それが水をはじいています。
鳥の羽も、実はすごい細かい毛がありまして、それが水をはじいています。

なんて話を動物解説員の方から聞くことができます。
もし、上野動物園にいらっしゃる機会がありましたら、ぜひ、動物解説員の方のお話を聞いて頂けるといいかなあと思います。

動物解説員のガイドツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です