川原礫著『ソードアート・オンライン プログレッシブ002』を読んで

ソードアート・オンライン プログレッシブ001が面白かったら安心して楽しめると思います。

私はアニメを見て「ソードアート・オンライン」面白いなあと思った口であると共に、アインクラッド編は死んだら終わりという緊張感があったけれども、フェアリィ・ダンス編はその緊張感がなくなってイマイチという感想を持った人です。

ソードアート・オンライン プログレッシブ002では対人戦?があるのですが、その死んだら終わりという条件があるので、ドキドキしながら読みました。この年になってドキドキもないだろうとかある気もしますが…

キリトさんとアスナさんの軽妙なやりとりも健在で、とても微笑ましいです。

次に本が出るのは1年後でしょうか…楽しみに待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です