浅草演芸ホール

浅草演芸ホールに行ってきました。

浅草演芸ホールは一言で言えば、2500円で昼から晩まで落語が聞けるところです。
落語だけではなく、HPに書いてあるとおり、落語・漫才・マジック・曲芸・紙切り…etcが見られます。

毎日11時40分から21時までやっていまして、すごいところは、11時40分から21時までずっといても2500円というところです。途中で建物から退場できないのが制約です。

自分は平日に行ったのですが、平日でもそこそこに人がいまして…、年寄りがほとんどですが…いっぱいいます。寝ている人もいます。自分も…ちょっと自分にあわない演目は寝ましたが…

浅草には観光でくるのが殆どだと思いまして、そんな貴重な時間を使って朝から晩まで浅草演芸ホールにいるという選択肢はないと思いますが、東京近郊に住んでいらっしゃる方々でしたら、一回は2500円で朝から晩まで浅草演芸ホールで過ごしてもいいんじゃないかなあと思います。

圧倒的なコストパフォーマンスと、落語ってこういうもんなんだという見識…自分は落語って起承転結ではなくて「繰り返し」を基本として、繰り返しの内容がだんだんエスカレートしていって、最後に落ちにもっていく…というものなんだなあと解釈したり、自分の目の前でマジックを見ておおすげぇと思ったり(マジックってテレビ以外では見る機会があまりないと思っています)、ちょっとデート向きじゃないですけど(建物が古いです)、さらっと一人で行って楽しむ分にはいいんじゃないかなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です